膝の痛みが発症したら、どんな薬を使うべきなのか、悩みますね。関節痛にはどんな方法が一番効果を発揮するか、それがわからないと迷ってしまいます。実際膝の痛みに効果を発揮するとされている薬は種類が多いので、今回は薬の種類についていくつかご紹介します。

 

内服薬

 

口から飲む薬のことを指します。消炎鎮痛剤という、痛みを抑える目的で飲むことが多いでしょう。直接体内に取りこむでも、外側からのアプローチよりも効果を発揮するといわれています。内服薬のメリットとしては、痛みだけでなく、膝の痛みが原因で発熱をしていた場合は熱を下げてくれる成分もあるなど、色々な効果を得られるので、飲む側としては楽です。しかし、気をつけたいのが副作用です。人によっては、胸やけなどの副作用を発症することもありますので、自分の身体と相談して内服するようにしましょう。

 

坐薬

 

内服薬と同じで、直接体内に取りこみます。肛門に挿入するタイプです。口から飲むよりも効果を発揮するのが早いともいわれていますし、胃腸に障害がある人にも薬の効果を与えることができるので、たまに用いられることもある方法です。ただ、肛門に挿入するということで、違和感を感じることも多いので、口から飲むタイプを選択する人が圧倒的に多いのが現状です。

 

湿布薬

 

痛い箇所に貼るだけなので、とても簡単に痛みを対処できます。湿布には温湿布と冷湿布とわかれるのですが、これは状態を見て判断しましょう。熱を持っている痛みなら冷湿布を選び、血行が悪くなっているのであれば温湿布を用いてください。肌が敏感な人は湿布を貼ることによってかぶれを発生させるかもしれないので、肌に異変が発生したらすぐに剥がして使用を中止してください。

 

塗り薬

 

湿布と同じく、痛みを感じる部分に塗るだけです。湿布でかぶれが発生するという場合は、塗り薬のほうが向いていると思います。ただ、塗れる範囲というのは限られています。そのため、広範囲で痛みが発症している場合にはあまり適さないのが塗り薬です。

 

サプリメント

 

皇潤などの関節の動きをスムーズに保つために、必要な成分を含んでいるサプリメントがあります。治療のためというよりは、予防のためといえるでしょう。

 

薬で痛みを和らげるといっても、色々な方法があります。自分に適切な方法を選んで、痛みと戦いましょう。

 

ひざの痛みサプリ