関節痛のメカニズム | 変形性関節痛とは

関節の痛みは、非常に厄介なものです。関節の痛みはたいしたことないと思っている人も多いかもしれません。人間の身体のつくりの中では小さな部位ですから、それほど生活に支障がないものと思いがち。

 

でも実際に関節痛を発症するとわかるのが、関節が正常に動かないと、何をするときも痛みが走って辛くなる、ということです。
今回は関節痛の中でも、変形性関節痛についてお話していきます。

 

変形性関節痛とは?

関節というのは人間の身体の中で、上から下までたくさんあります。首や肩、から始まり、脚の指まで関節で繋がっていますね。

 

これらの関節は、軟骨が骨と骨の間に挟まり、クッションのような働きをして正常に動くように作られています。でも、その軟骨が何らかの原因で擦り減っていき、骨と骨がスムーズに動かなくなって、痛みを発症します。

 

また、軟骨が擦り減ったことにより、骨そのものが形を変えて変形していってしまいますので、変形性関節痛、と呼ばれています。

 

原因

肥満

肥満は過度な負担をかけている状態がずっと続いているわけですから、軟骨は日に日に擦り減っていってしまいます。体重を支える関節痛の原因として知られており、主に膝の関節痛では肥満が問題となります。

 

老化

年齢を重ねると自然と軟骨が擦り減ってしまいます。年齢を重ねるのは仕方がないことですから、体力もなくなって動くのも面倒になったりといった生活がより関節痛を進行させてしまいます。結果として膝も痛くなって歩きたくなり、さらに運動不足が続いて膝の痛みが強くなるといった悪循環です。

 

スポーツ

スポーツをしている人は、やはり関節には大きな負担がかかります。自分の関節可動域を超えてしまうとケガをしたり関節痛の原因になったりもします。スポーツをやっている時には関節痛を発症しなかった人でも、スポーツで引き起こしていた負担が、歳をとってから関節に影響して発症することもあります。

 

昔のケガ

関節をケガした経験のある人は、高齢になってから関節痛を発症しやすいとされています。一度傷めた関節は古傷として残ってしまいますので、年月が経って筋力が衰えたころに発症しやすいのです。

 

変形性関節症で悩む人は多いので、それに対応するように、サプリメントも発売されています。皇潤などもその一つです。関節痛で悩んでいる人には、救世主となってくれるでしょう。一度変形してしまった骨は治らないのですが、痛みを発症させないためにできることはありますよ。