関節痛のメカニズム | 痛風

痛風という病気、知っていますか?結構名の知れた病気ではあるのですが、実際にどのような症状が現れるものなのか、知らない人は多いのではないでしょうか。自分にももし症状が現れた場合、もしかして痛風かも・・・と思えるように、ある程度知識として知っておくといいでしょう。

 

原因・症状

関節炎の一つが痛風ですが、尿酸というものが体内に溜まることで関節に痛みを引き起こします。本来尿酸というのは体内にあって当然のものではありますが、普通は必要のない分は老廃物として尿から排出されます。しかし、痛風になる場合は、体の中で対処しきれる限界を超えた尿酸が発生してしまいます。そのため、体の中に必要のない尿酸が溜まり、結晶になっていってしまうのです。

 

そのままずっと尿酸が体内に多量に発生しつづけていると、関節にこの結晶が付着するため、次第に症状として関節炎が現れます。

 

目立った症状としては、激痛です。関節の痛みに関しては物凄く激しいものが襲いかかります。痛めたのかも?と違う関節炎を疑えないぐらいに、痛みがすごいので、医師も痛風という判断はしやすいようです。

 

ただ、1週間ほどで収まっていくこともあるので、病院に行かないままになっている人もいるのですが、もちろんそのまま生活を続けているとまた痛みは襲ってきます。次第に間隔が短くなり、痛みを感じている期間が長くなっていきます。最終的に慢性の痛風になってしまうこともあります。

 

治療

痛みを感じる部分をできるだけ高い位置に持っていって、血流を調整すると楽になります。また、痛んでいる患部は温めるのではなく冷やしてあげると、症状が和らぐでしょう。

 

そして、医師に相談をして適切な治療を受けましょう。痛みが出た際に飲む薬などももらえると思いますので、痛みをコントロールしながら治療をしていきます。とにかく安静にして、関節に負担をかけないことを心がけることになります。

 

予防

関節痛全般の予防として、皇潤などのサプリメントが人気を集めています。予防にも効果があると思いますので、自分で準備できるサプリメントなどを用いて関節痛を少しでも和らげる工夫をしましょう。また、関節痛が起こらないようにするためにもサプリメントは効果的です。

 

痛風は急激な痛みと戦わなければならない大変な症状が現れます。男性に多いので、20代以降の男性は生活習慣もともに見直してくださいね。