関節痛のメカニズム | 膝関節負担を軽減する体重の目安

関節痛の中でも特に膝は、多くの関節痛の名称があります。膝の痛みが発症する原因のひとつに、体重オーバーがあります。肥満体型は健康に良くないといわれてはいますが、本当にその通りです。膝にも必要以上の負荷を与えてしまいますので、肥満で関節痛を発症する人はとても多いのです。体重と膝の痛みの関係性についてお話していきますね。

 

膝にかかる負担とは

 

体重がイコールで膝へかかる負担というわけではありません。上から脚に乗るようにして歩くと思うので、その分負担は体重よりも多くなるのは知っていますか?目安としては、歩くときで体重の3倍程度、走れば体重の10倍程度という

驚くべき負担がかかっていることになります。もちろん、階段を上ったりするのも負荷が増える行動ですし、階段を下りるときはさらに負担が倍増します。想像以上の負担になっているのをまずは知りましょう。

 

肥満体型の場合は、その負担にさらに増加している体重分が乗ると思うと、怖いですよね。だからこそ、できるだけ負担を減らすためにも、減量はとても大切です。

 

適性体重の計算方法

 

BMI値というのは知っていますか?自分の体型が今肥満体型かどうかを知るための値で、計算で誰でも簡単に出すことができます。このBMI値が正常の範囲内であれば問題ないのですが、それ以上となる場合は減量が必要でしょう。
「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」で出すことができます。

 

例えば、身長162cmで体重が60kgの場合なら、60÷(1.62×1.62)=22.86となります。18.5から25までが正常のBMIになりますので、適正体重の範囲内ということです。

 

これが25を軽々超えるというのであれば、肥満体型なので、減量してください。また、25にはいかなくとも、自分自身で体型の変化に気付き始めるときには、できるだけ早く減量を始めましょう。太りすぎると痩せるのも大変なので、早めに気付けるといいですね。

 

予防で関節痛防止

 

体重を適正に戻すだけでなく、関節痛が起きにくいように関節に対して何かアプローチをかけていくといいでしょう。サプリメントの皇潤などを飲むと、関節の動きをサポートしてくれ、関節痛を予防することができます。

 

減量と同時に自分でできることを始めておくと、膝の痛みに悩まずに済むかもしれません。減量は大変ですが、頑張れば運動もしやすくなりますし、体も軽くなるので活動的になりますよ。