関節痛のメカニズム | 膝の痛み・関節痛を予防する方法

関節痛は、放っておけばおくほどに症状が悪化していきます。歩くのさえ辛くなることもあるので、できるだけそうならないように、予防をしなくてはなりませんね。

肥満体質の改善

肥満で膝に大きな負担がかかっている人は、まずは自分のベスト体重まで落としましょう。

 

支えられる限界を超えている膝は常に悲鳴をあげています。それに気付かずにいると、膝がどんどん弱ってしまって、将来歩くことさえ困難になるかもしれません。肥満はそもそも色々な病気の元でもありますから、痩せておいて損することはありません。

 

自分のためにも、体重はベスト体重に戻す、まずはここから始めてください。

 

老化による運動不足の解消

中高年にもなると、運動を毎日の生活に取り入れるのは大変です。動くのが面倒になる年齢でもあるのですが、もう歳をとったからといって運動をしなくてもいいわけではありません。

 

運動はいくつになっても続けていられるほうが健康にもいいでしょう。もちろん関節痛にも効果的です。関節というのは、動かさないでいると可動域が狭まってしまいます。

 

そのため動かせる範囲も少なくなってしまうので、通常なら関節が受け入れられる程度の動きだとしても、無理して動かさないと対応できなくなっていくので、関節痛が起こりやすい状態になります。

 

運動不足だからといって急激にランニングなどを始めるのは膝にも負担をかけますが、ゆっくり正しい姿勢でウォーキングしたり、軽い運動から取り入れていきましょう。

 

軟骨を強化

関節は骨と骨の間でスムーズに動くようにしてくれている軟骨のおかげで動かすことができています。この軟骨は、年齢を重ねると擦り減ってしまいます。擦り減ると骨と骨がぶつかるようになり、痛みを発症するとされていますので、軟骨の生成に役立つ食べ物やサプリメントなどを取り入れてみましょう。

 

サプリメントで関節痛にいいと有名なのは、皇潤などですね。軟骨の働きが蘇れば、関節の動きもスムーズになります。

 

色々な予防方法がありますが、大事なのは続けること。どんなことでもそうですが、すぐに結果が出ることはないでしょう。もちろん、すぐに関節痛が治るという方法も残念ながらありません。でも、長く続けることで、ゆっくりと関節痛の原因になっているものが取り除かれていくので、気長に頑張ってみてください。