関節痛のメカニズム | 肩関節周囲炎(五十肩)

よく、五十肩などといいますが、正式名称があるのはご存知ですか?

肩関節周囲炎という名前です。年齢のせいでもありますが、適切な治療を行うことで改善へと向かっていく関節痛でもありますので、肩が動かしにくいと思ったら一度治療を受けにいってみるといいでしょう。

 

原因・症状

肩の関節は、色々な骨が合わさり、どれもが正常に動くことで正常な機能を保てています。しかし、使えば使うほどにスムーズに動かなくなるものです。人間の体もそうできていますので、40代50代になると、肩関節の周囲が炎症を起こし、症状を引き起こします。

 

特徴的な症状

肩が挙げづらくなることです。腕を上に挙げる動作をすると、痛みが走ったり、上までしっかり挙がらないという問題が発生します。

 

特に、頭髪を整えるときなどは著しく症状がわかると思いますし、背中に手を回そうと思うと痛みが走るというのも特徴的な症状です。昼間だけでなく、夜も症状は続きます。安静にしている時でもなんだかズキズキと肩が痛む場合は、肩関節周囲炎を疑ったほうがいいでしょう。

 

治療

痛みの強い時期はできるだけ安静にすることが大切です。腕をしっかりと固定し、肩を動かさないように心がけます。痛みが和らいできたら、無理のない程度で動かして運動をし、関節をゆっくりと動きに慣れさせていきます。

 

痛いからといって使わないままだと、余計に関節が硬くなってしまいますので注意しましょう。実際には放置しておいて勝手に治ったという人もいるのですが、やはり適切な治療を受けたほうが治るのも早いです。

 

予防

肩の急激な運動は避けるほうがいいですが、動かしすぎないのも問題なので、適度な運動を心がけましょう。ストレッチなどは朝と晩に取り入れるといいでしょう。その場合も、肩の痛みが発生するようならあまり無理をしないようにしてください。また、皇潤などのサプリメント類で動きやすい状態を作るなどの予防も効果的だと思います。

 

歳をとると体のあちこちで色々な症状が出てくるものです。特に五十肩はよく聞きますよね。50代になったし、歳のせいだと諦めるのは簡単なのですが、どんどん自分が生活しにくい身体になっていってしまいます。

 

だからこそ、若いうちから予防をして発症しないように心がけてください。