関節痛のメカニズム | 変形性脊椎症

関節痛は動くのさえ困難になるので、痛みを感じる部位以上に、全身に影響を与えてしまいます。経験した人しかその痛みはわからないといいます。

 

変形性関節症というと、関節のあらゆる部分の関節痛のことをいいますが、その中でも背骨の関節痛を変形性脊椎症といいます。脊椎というのは、骨一つ一つを繋いで背骨を作っており、背骨の土台の骨というとわかりやすいでしょうか。

 

症状の原因・特徴

主な原因としては、加齢といわれています。加齢に伴い、どんどんと脊椎がつぶれていくことで、腰の痛みが走ります。つぶれていく箇所によっては、脚がしびれたりといった、違う症状も現れてくるでしょう。つぶれる以外にも、骨が飛び出てしまって神経を圧迫することで更にしびれを引き起こす症状が現れます。

 

骨が次第に変形するのは、加齢なので仕方がないといえば仕方がないでしょう。長い間使いっぱなしの身体なのですから、次第に問題が発生する、コレは当然のことです。

 

治療方法

完治の治療方法はないのですが、上手につきあっていくことで、症状を抑えながら過ごしていくことができます。痛みが発生したら動かさないように安静にするのではなく、運動療法を取り入れていくこととなります。腰の運動、負荷が少ない水の中での運動などを組み合わせて、腰の可動域を広くするようにつとめます。

 

ただ、負荷の強い運動は禁物なので、重いものを持ち運ぶなどの行為は避けるようにしておきましょう。運動療法以外では、薬を飲んで症状を穏和したり、コルセットなどをつけて腰の負担を分散させるなどの方法が用いられます。

 

予防方法

変形性関節痛にならないためにも、できるだけ早く予防をしましょう。いい姿勢で生活できている人ほど発症しないといわれています。

 

逆に元々腰に負担をかけやすい歩き方や座り方をしている人は、脊椎への負担も強くなってしまうので、脊椎の寿命が短くなってしまうのです。

 

発症する前から、腰に負担をかけないような姿勢や生活を心がけること、これは予防法としては有効ではないでしょうか。

 

変形性脊椎症は加齢が一番の原因とされていますので、できるだけ負担をかけずにいることで起こりにくくなるという、予防もしやすい症状でもあります。若いうちから気をつけておくと年齢を重ねてからがだいぶ違いますよ。もちろん、サプリメントの皇潤などで関節の動きをスムーズに保てる成分を摂取するというのも、効果があるでしょう。